top of page
  • 執筆者の写真富山県連合代表

旧統一教会の問題で新田知事に緊急申し入れ!

8月3日に、社民党富山県連合として「旧統一教会及び関連団体」との関係について、新田八朗富山県知事に緊急に申し入れを致しました。






知事はアメリカのオレゴン州に公務出張のため、岡本達也経営管理部長、開発清史秘書課長が対応され、島村進県連合代表と谷口貞夫(氷見市議会議員)・上田武(高岡市議会議員)・宮崎周二副代表の4人で申し入れました。

 申し入れ内容は、①旧統一教会及び関連団体が、霊感商法による極めて反社会的な団体である認識を明確にされたい。②知事として詳細な調査を行い、関係があれば明確に反省すること。③知事として今後一切関係を持たない旨を表明すること。④県として、県民に対し注意喚起を行い、関連団体への参加や関りを持たぬよう周知し、係る団体の犯罪行為の根絶に努めること。を申し入れ、後日回答を頂けるよう要請しました。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<主張> 裏金議員は辞職を!

2024年6月15日 裏金議員は辞職すべきでは 今国会では、政治と金の問題・自民党の派閥による政治資金パーティの開催と裏金作りが大きな問題として取り上げられ、二度とこの様な事件が再発しないよう「政治資金規正法」の改正が議論されている。 まずこの問題について、自民党は2月13日に自民党全議員に対するアンケート調査の結果として、政治資金収支報告書に不記載のあった議員85人の氏名と金額として総額5億79

Comments


bottom of page