top of page
  • 執筆者の写真富山県連合代表

「ミサイル避難訓練」を中止するよう要請

2022年9月20日、社会民主党富山県連合は富山県知事新田八朗氏に対し、次のような要請を行いました。

新聞報道によりますと、政府は北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次いだことを踏まえ、2018年以来となるミサイルの飛来を想定した住民避難訓練を行うとし、今月の22日の富山県魚津市を皮切りに、8道県10自治体で順次訓練を実施するとされています。

北朝鮮の度重なるミサイル発射実験には日本政府としても厳重に抗議しているところですが、北朝鮮を仮想敵国と位置づけ、いたずらに両国間の緊張を高めることは、厳に慎まなければなりません。

また、現実的に両国が戦争状態にあり具体的にミサイルの飛来が想定されるのなら、それに備える訓練は意味がありますが、今回の訓練は「いたずらにミサイルの飛来の危機をあおり、住民や子どもたちに北朝鮮への敵国意識を植え付ける」ばかりか、北朝鮮に対しても誤ったメッセージを発することとなります。

県におかれましては、このような戦争への危機感を煽り、両国間の緊張を高める恐れのある、かかる不必要なミサイル避難訓練を、直ちに中止するよう政府に対し強く申入れ頂きたい。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<主張> 裏金議員は辞職を!

2024年6月15日 裏金議員は辞職すべきでは 今国会では、政治と金の問題・自民党の派閥による政治資金パーティの開催と裏金作りが大きな問題として取り上げられ、二度とこの様な事件が再発しないよう「政治資金規正法」の改正が議論されている。 まずこの問題について、自民党は2月13日に自民党全議員に対するアンケート調査の結果として、政治資金収支報告書に不記載のあった議員85人の氏名と金額として総額5億79

Comments


bottom of page